アクセスカウンタ

婆さん、空手を始める!えっ、空手やのにヌンチャク?

プロフィール

ブログ名
婆さん、空手を始める!えっ、空手やのにヌンチャク?
ブログ紹介
 じゃじゃ婆 なりさん 空手の始め方を考える
還暦を過ぎて、ひょんなことから何を血迷ったのか空手を始めてしまったなりさん。どんな顛末となりますことやら!?

なりさんは、型を中心に練習します。
空手と古武道(武器術:棒、サイ、ヌンチャク、鉄甲etc)なので、型の数が100以上あるようですが、生きてる間に覚えられるか知らん! ”死ぬまで生きるぞ!!”

壮大なる目標を追加
 ”じゃじゃ婆 なりさん  エークまで生きて辿り着けるか?”

## なりさんの Let’s enjoy 空手 ## 
zoom RSS

午前中だけの観戦

2018/06/18 13:35
前の日から頑張ってお弁当を作って馳せ参じました。

姫路市空手道連盟の”姫路市空手道競技大会"
画像

画像


空手は流派によっていろいろな考え方があるようで、試合もするところもあればしないところもあるようです。

以前、見学をさせてもらった先生が審判をされています。向こうを向いている審判の右側の方。道着を着た後姿ががっしり体型で親しみがもてます

この方、お父さんの代からされていたそうでいろいろあって自分の流派を立ち上げて頑張っておられる方なのです。組手も 「何とかかんとか・・・」 と説明されていましたけど、どう区別するものなのかよくはわかりません。ただ、子供達に対する配慮がしっかりされているみたいなので好感が持てました。

それと、子供達が可愛いんです。一番上の子は二十歳くらいなのかな?型は物凄く上手いんですよ!なのに下の子たちの面倒見もいいみたいだし、偉そうぶったところが全く無いんです。いいお兄ちゃんって感じかな、いい育て方をされているんだと思います。

こんな風に頑張っている人を見ると[頑張って!」って応援したくなるんですよね。

婆さん心の爆発です。応援はタダでできるもんね。

と言いながら、空手の試合も結構楽しめるようになってきました。心の中でピッと旗を上げてます。それに、空手をしている方々がどんな感じの方々なのかも観察してたりして・・・。

昼からは次の予定へGO!
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


20180616 練習日

2018/06/16 23:01
暑かったですね、本日は練習が始まる前にもう汗をかいていました。

本日の参加者、先生、3,2、初段各1名、級の方1名、見学1名。

早めに着いたのでちょっと2階の余裕スペースのあるところで”ユニガー”の練習をしていました。この時点で覚える事が出来ているのは1/3程。ああでもない、こうでもないと動きの流れを感じながら30分位はしてたかなぁ?最後の方で1階を見るとM君が来てたので助っ人に呼びました。

さて、練習が始まると前半は”ユニガー"を集中的にやりました。

型の順番を覚える方法は人それぞれのようですね。SMJ君はリズムで覚えるといっていました。彼は覚えるのがメチャクチャ早いのです。H君は足を覚えたら上はついてくるっていってました。だからまず足を覚えるそうです。

私は覚えるのは苦手ですねぇ。漠然としていてどう覚えたらいいのかよく解りません。ただ、昔から感じていることは”流れ”なのです。体の流れ、型の順番の流れ、自然な流れがあって身体が何となくその流れに乗っていくような感じなんですよね。だから動きながらその流れを掴む事が出来ると覚えられるのですけど、部分部分を抜き出すと戸惑いがちになりますね。

最終的には8〜9割ぐらいは覚えたと思います。ただし、例の大きく振り廻すところは、左手でやるときは片手で出来ますが、最後の方で右手でもするところがあるのでその部分は全く出来ません。一言「ぎゃっ!」と言って誤魔化します。

後半は”濱比嘉の釵”です。ふらふらふらふらします。最初にいつも?ってなります。これ、癖になってるのかな?ちょうど一ヵ月後にプチ演武するのですが、エンジンをかけないといけません。

後半の釵の持つところを先の方にしてからの動き、前でクロスをしてから八の字に振り下ろすところのタイミングの取り方を何度か修正してもらいました。よく右と左の釵を絡めて振り下ろせなくなります。 ちとっ、き〜〜あ〜〜い〜〜!欲しい。

最後にもう一度”ユニガー"をやって本日の練習は終わりました。

Tさんは鎌をしてました。今日、先週怪我したところの抜糸をしたようです。他何してたかな?覚えてないです。

M君はいろいろ、Nさんもいろいろ。自分に夢中で他の人のことは余り覚えてません

そうそう、今日はM君の黒帯記念日です。黒帯を初めて巻いた日。

本日も気持ち良く練習できました。 はなまる ポン
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


風向きが良い方に変った?

2018/06/15 20:29
自主練習をするのに借りているところが改修工事をするので使えなくなります。

暫く前からいろいろ探し回っていたのです。空手だけなら広さは左程気にならないのですが、古武道は武器を持ちますのどでやはり余裕のあるスペースが欲しいと思います。

武道館の個人使用も考えてみたのですが、駐車場代やらエアコン代やらを考えるとちょっとねえ、考えてしまいます。いくつか当たってみたのですが帯に短したすきに長し。なかなか思うようなところが見つからず頭を抱えていました。

が、本日見つかりました。

いい運気がめぐってきたかなあぁぁぁぁ!!

改修工事が終われば又元のところを借りる予定なんですけど、

今日言われちゃった。

「ずっと使ってもらってええでぇ。」、 モテモテヤン!

”琉球空手・琉球古武道”の名がご近所さんに少しは知れるかな?ワクワク
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


押え所、勘所。

2018/06/13 22:23
こう見えても着付けのお免状を持っているのですよ。しかも、看板まで。但し、もう何年も前から年会費を払ってないので使えませんけどね。

着物を綺麗に着た姿って想像できますか?私は着付けを習い始めた時、それが判らなくて先生にしつこく怒られた記憶があります。だって、どこが悪いのか理解できないんですもの。

着物を着付けるにはまず裾から決めていきます。上前がちょうどいい位置にくるように巻いて、端のほうを上げ気味に決めると裾の乱れを軽減でき、すっきり見えます。そして腰紐で締める。シャキッと着た感じを出すには背中に皺を作らないように余裕のある分を脇に持っていって重ね折り込んでおきます。
衣紋の抜き方、襟の合わせ方、帯位置、帯締めとそれぞれに押え所、勘所があるわけです。それらが適切でなかったら着ていてもだらしなく見えてしまいます。
最も、基本的な着方が解っていてのことですけどね。知らなければそれはそれで済んでしまいます。

この押え所、勘所というのはいろんなことにも当てはまると思います。それは空手で言えば基本じゃあないでしょうかね?

かつて通っていたところではこの基本のところを端折っていて型の順番を覚えていればそれで良し。深くは教えないと言うスタンスをとっていました。

私の場合動画で覚える事が殆んどだったので、どんな動画を見るかは非常に問題でした。Youtubeの他流派の動画はまだ救いがあります。違うところは修正をすればいいのですから。ところが同じ練習生の方のを見て覚えようとすると、まるでちんぷんかんぷん(は言い過ぎ?)で何をしているのか解らないのです。
さすがに”パッサイ”は音を上げて指導者に個別に動画を撮らせて頂きました。

2段では”セーシャン”をしたのですが、これの場合覚えた頃はほぼ全面的に他流派動画です。教えてもらえた記憶がありません。今思うと異常な状況ですが当時はそういう状況が続いていたので我慢せざるを得なかったのですね。

で、昇段審査に向けての練習は今のところでやったのですが、まあぁぁぁ、修正が!
笑えるんですけど、いろいろ修正は入ったのですが、特に後ろ向きになってから相手の腕を受けて掴みにいく時の手の返し方。
ハハハハハハハ・・・、何回やっても何回やっても何回やっても手の動きがおかしい。毎回毎回言われてやってるんですけどどうもイマイチ。いつまで続いたと思います?審査直前まで。この修正にはTさんまで巻き込んで悪戦苦闘しました。

今の先生に感謝です。根気よく付き合ってくださって押える所は押えて下さったのですね。
だって基本他流派で覚えたんですよ。訳わからんし、途中で、はっ?って動きがあるし、この流派風にって、こんな感じ?って覚えたんですもん。空手の試合で見た”五十四歩”って型も参考にしたりして。この自分勝手な切磋琢磨は誰も褒めてくれないから自分で褒めときます。まあ、一緒に練習をしてくれた練習生に最後の方で2回ほど見せてもらったのは大きかったですけどね。彼にも感謝。

むか〜〜しの動画を久しぶりに見てかつての悲壮感を思い出していました。あの動画は謎だ。
結局ね、押え所、勘所をちゃんと押えてなかったら、らしく見えても”らしく”でしかないのだと思います。

今はその押え所、勘所を少しずつ手に入れるべく楽しんでやってます。
遅いけど、まあ、死ぬまでには何とかなりまっしゃろか!
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


20180611 自主練習

2018/06/12 14:25
アクシデントがあり本日の自主練習は短め。

ちゃっちゃっちゃっと体操もどきをしてささっと”ユニガー(左棒)=米川の棍”をやってみました。出来たのは途中まで。それも教えてもらいながら。簡単に覚えないのが私の得意とするところ。

不思議ですねぇ、並んでやってもらって真似っこするのは上手いんですけど、それが頭に残らないのが残念です。

濱比嘉の釵をささっと。今日はささっと攻め!

後の時間は基礎的なことをいろいろ教えてもらいました。前屈の前移動。中段受けの手の位置、形。肩甲骨の使い方。


40肩をしてからこのかた、肩甲骨の周りが緊張して硬く突っ張る感じがずっとしています。基礎の部分でやるこの肩甲骨を広げたり狭めたりする動きは40肩にもいいんではないかな?肩甲骨周りのこわばりが40肩をつくってるのかな?感覚として肩甲骨の位置がずれてるような気がしているのですが、あんがいそこらへんが問題なのかもしれませんよ。

肩甲骨の運動。いかり肩をなで肩にするような運動。やってみます。


道義に汚れがあるのが気になっていたのですが、帰ってから風呂の残り湯で洗濯機で簡単に洗い、翌日までそのまま浸け置きしておきました。それからもう一度洗って陰干し。洗濯物って案外陰干しの方が良いのかも知れない。


雷は大人になってから怖くて仕方がないです。夕べは今年初めてのまともな雷だった。
記事へナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


20180609 練習日

2018/06/10 14:13
暑かったですねぇ、この日はエアコンを最初からかけてやりました。参加者少な目。

先生を入れて4人です。段の3,2、初、各一名ずつ。

この日の私の練習は、米川(”ユニガー”って読むんですって)の棍(左棒)を、ある程度の区切りずつ、何度もって感じです。

それと、来月小集まりでの演武で予定している”濱比嘉の釵"を入念に。佐久川の棍(大)。

最後の方で”クーサンクー"の忘れかかっているところを先生に確認してもらいました。

まだ左腕は格闘しています。左棒でも初めて出てくる動きで棒を振り回すところがあるのですが、ーーー一旦上段に構えてからのところーーー右手を持っていけません。最初はごじゃにしていたのですが、何回かやるうちに左手だけで振り回すことを自然にやっていました。取り敢えずやってみるもんですねぇ、身体が結構対応してくれるようです。

琉球古武道はいろいろな武器を使います。トンファーは思いの外破壊力がありますし、釵も先の方で手を切ったりします。ヌンチャクは当然何回か自分の頭を殴りましたし、鉄甲も持ち方で自分の手を挟んだりと気をつけないといけません。そのうち私も練習を始めるであろう”ティンベーとローチン”のローチンも顔の前で廻したりすると刃の部分が眼に届き眼を切って失明の恐れもあったりします。
これらのことはやはり、経験者が注意を促すことで防止できるのだと思います。だからこそ、”伝える"という作業は大事なことなんだと思う。その他の伝承の積み重ねが ”伝統” という形に凝縮されていくのじゃないのかなと思っています。

だから先を行く人がどういう人物なのかは大きな意味を持ちますね。

日大アメフットの問題をみて思ったのですが、スポ根を鍛えれば上手くなると思うのは勘違いだと思う。それは指導をしたから上手くなったのではなくて本来その選手が持っていた資質によって上達したに過ぎず、自立した考え方を育てていたらその資質以上の能力を身につけていると思う。みんな考える頭を持っているのだから、考えてその先を読む動きが身に付いていけば更なる成長がある筈。その成長の部分を摘み取っているのがスポ棍ハラスメントなんじゃないかな?

話を元に戻して、武器に”鎌”があるのですが、鎌の練習をしていた人が手を切りました。ドドドッて血が出て、傷テープをペタン、ちょうど持っていたビニールテープで巻き巻き。
そういえば本部で初めての段審査を受けた時、釵の練習中に自分の手を負傷しました。大袈裟ですね手の甲をちょっと切りました。血が結構ぽたぽた状態を女の先生方が手当てをしてくださいましたが、とっさのことで傷テープも無くてガムテープで巻き巻き。

何をするにしてもアクシデントはつきものです。どう防ぐか、起きたらどう対処するか。”0”か”100”の話ではないのでそこを知恵でこなしていくのが必要なことですよね。


いやぁ、空手には人生がつまってるわぁ。

・・・・??書いてるのは古武道が圧倒的に多いけど、まあ、そういう事。
記事へナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


20180607 自主練習

2018/06/08 20:55
じみぃ〜に始まってじみぃ〜に終わった自主練習でした。

前半の殆んど基礎練習に費やし、基礎練習に毛を生やした練習をプラスして、大急ぎで空手の型をさっさっさとやって終わりました。古武道の練習は出来なかった。

さて、一緒に練習をしていた人が言った例え話。

能は古典の空手、狂言はそれを庶民にも解り易くしたもの、歌舞伎は更に解り易くかっこ良くしたもの、よしもとはみんなで集まってわいわいがやがや楽しんでいるもの。こんな風に分類できるって言うんです。

成る程な、ですね。

私もずっと思っていたんですよ。だいたい還暦過ぎてから始めて極めるも何もあるわけないし、楽しめればいいとは思っていますが盆踊りを踊るみたいにええ加減なやり方だったらやらない方がいいでしょ。自分をどの辺りにおけばいいのかなぁっていうのはずっと考えていたことです。

練習をしていてやっている型の内容をよく教えてもらいます。その内容を知っているどうかで型に向き合う気持ちが全然違うのですよ。

空手を教えると言うのなら、例え満足に出来なかったとしてもある程度はちゃんと教えて欲しいですよね。所詮出来ないのだから適当に遊ばせとけって、弄ばれているような教え方なんてされたくないですね、私は。仲間が集まって楽しい時間を過せればいいというような集まりがあってもいいとは思いますが、それならそう希望する人達でして欲しいです。

ただ、入会してみないとどういう集まりなのかわからないのは、運に任せるしかないのかなぁ。

日大のアメフットの件などを見ると、つくずくトップによる当たりはずれが大きい過ぎると思います。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

婆さん、空手を始める!えっ、空手やのにヌンチャク?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる